お気に入りに追加

相続放棄申述をするべき人の範囲

相続放棄申述をする目的

相続放棄をする目的は様々ですが、多くの場合には、次のいずれかに該当するのではないかと思います。

  1. 被相続人が残した借金・滞納税金の支払義務を免れたい。
  2. 遺産争いに巻き込まれたくないので、相続人資格を喪失させたい。
  3. 自分は生活に不自由はしていないので、遺産をもらわなくても良い。
  4. 特定の人に遺産をまとめたい。

上記のうちでも、1.借金や滞納税金の支払いを免れるための相続放棄が最も多いと考えられます。

以下では、「借金を免れたい」という理由で相続放棄申述をするべき人の範囲を説明します。

相続放棄申述をするべき人=法定相続人

借金を免れるための相続放棄は、基本的には法定相続人(民法で定められた相続人)全員が行わなければなりません。

それでは、法定相続人とはどのような人のことなのでしょうか?

配偶者は法定相続人

死亡した人(被相続人)に配偶者(夫もしくは妻)がいる場合、その人は常に相続人となります。

ただ、死亡時に既に離婚していた場合、離婚した配偶者は相続人とはなりません。

第1順位の法定相続人:直系卑属

直系卑属とは、死亡した人(被相続人)の子供、孫、ひ孫などのことです。

直系卑属がいれば、まず直系卑属が相続人となります。

なお、被相続人に配偶者がいる場合には、直系卑属とともに配偶者が相続人となります。

第2順位の法定相続人:直系尊属

直系尊属とは、死亡した人(被相続人)の父母、祖父母などのことです。

第1順位の直系卑属が誰もいない場合には、第2順位の直系尊属が相続人となります。

なお、被相続人に配偶者がいる場合には、直系尊属とともに配偶者が相続人となります。

第3順位の法定相続人:兄弟姉妹

第1順位の直系卑属がおらず、第2順位の直系尊属もいない場合には、第3順位の兄弟姉妹が相続人となります。

なお、被相続人に配偶者がいる場合には、兄弟姉妹とともに配偶者が相続人となります。

法定相続人全員が相続放棄申述をすべき理由

上記のとおり、法定相続人にはその順位が定められており、第1順位の法定相続人がいなければ第2順位の法定相続人が、第2順位の法定相続人がいなければ第3順位の法定相続人が、それぞれ相続人となります。

そして、これは先順位の法定相続人が相続放棄をした場合も同様です。

つまり、第1順位の法定相続人全員が相続放棄をして借金を免れた場合、今度は第2順位の法定相続人に借金がまわってしまうことになります。

したがいまして、全員が借金を免れるためには、法定相続人全員が相続放棄申述を行わなければなりません。

相続放棄の無料相談受付中!!

相続放棄仙台どっとこむを運営するHigh Field司法書士法人・High Field行政書士事務所では、相続放棄手続についての無料面接相談を承っております。

相続登記、遺産分割協議、遺言書作成など、相続放棄以外の遺産相続手続のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真