お気に入りに追加

相続開始を知らずに遺産を処分したら単純承認になる?

相続開始を知らずに行った遺産の処分

民法第921条1号は、相続人が相続財産の全部または一部を処分したときは単純承認したものとみなし、以後、その相続人が相続放棄や限定承認をすることを認めていません。

では、相続人が被相続人の死亡を知らずに相続財産を処分した場合、単純承認したとみなされてしまうのでしょうか。

最高裁判所の判例では、単純承認とみなされる相続財産の処分というためには「相続人が自己のために相続が開始した事実を知りながら相続財産を処分したか 、または、少なくとも相続人が被相続人の死亡した事実を確実に予想しながらあえてその処分をしたことを要する」とされています(最判昭和42年4月27日民集21-3-741)。

つまり、相続人が被相続人の死亡を知らずに相続財産を処分したとしても、単純承認とみなされることはないと考えられます。

とは言え、相続財産を処分してしまえば単純承認とみなされる可能性は否めません。

したがいまして、特に債務がどの程度あるのかがはっきりしないうちは、相続財産の処分には慎重になったほうが賢明です。

問題となる相続財産の処分

具体的にどのような行為が民法921条1号のいう「相続財産の処分」に該当するのかは、非常に難しい問題です。

特に、下記のような行為が問題になるケースは多いと言えます。

  • 預貯金の解約
  • 生命保険金の受取り
  • 相続財産からの葬儀費用捻出

繰り返しになりますが、ある行為が法定単純承認事由に該当するかどうかは非常に難しい問題です。

特に、相続財産に莫大な負債が含まれる場合は、少しでも相続財産の処分と疑われる行為は控えたほうが賢明でしょう。

相続放棄の無料相談受付中!!

相続放棄仙台どっとこむを運営するHigh Field司法書士法人・High Field行政書士事務所では、相続放棄手続についての無料面接相談を承っております。

相続登記、遺産分割協議、遺言書作成など、相続放棄以外の遺産相続手続のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真