お気に入りに追加

熟慮期間の伸長

熟慮期間は伸長(延長)できる

民法上、相続放棄ができる期間(熟慮期間)は伸長することができます。

そのためには、家庭裁判所に対して熟慮期間伸長の申立てを行い、その旨の決定を出してもらわなければなりません。。

熟慮期間伸長の要件

相続放棄ができる期間を伸長してもらうためには、「相続財産が多く、調査に時間を要する」等、3ヶ月以内では承認か放棄かを決められないことが分かる事情が必要です。

ただ単に、「自分は優柔不断なので決められなくて・・・」というだけでは認められないと解されています。

家庭裁判所への熟慮期間伸長申立て

熟慮期間伸長を申し立てる際には、次のような手順を踏むことになります。

  1. 申立てに必要な戸籍を集める。
  2. 熟慮期間伸長の必要性が分かるような証拠を集める。
  3. 所轄の家庭裁判所に対して、熟慮期間伸長申立書を提出する。
  4. 必要に応じて、家庭裁判所より照会がありますので、これに回答します。

相続放棄の無料相談受付中!!

相続放棄仙台どっとこむを運営するHigh Field司法書士法人・High Field行政書士事務所では、相続放棄手続についての無料面接相談を承っております。

相続登記、遺産分割協議、遺言書作成など、相続放棄以外の遺産相続手続のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真