お気に入りに追加

遺産から葬儀費用を支出したら単純承認になる?

遺産から葬儀費用を支出することは問題?

民法第921条1号は、相続人が相続財産の全部または一部を処分したときは単純承認したものとみなし、以後、その相続人が相続放棄や限定承認をすることを認めていません。

では、相続人が相続財産から葬儀費用を支出した場合、この相続人は単純承認したとみなされてしまうのでしょうか。

この点につき、最高裁判所の判例は存在しないようです。

しかし、下級審の判例では、遺族として当然営むべき程度の葬式のための費用に遺産を使うことは921条の処分に当たらず、単純承認にならないと判断したものがあります。

また、社会的に相当な仏壇や墓石の購入も921条の処分に当たらないという判例もあります。

いずれにしましても、明確に「この程度の出費なら大丈夫」という基準はありません。

後日になって債権者から法定単純承認を主張されないようにするためにも、可能な限り遺産から葬儀費用を支出することは避けたほうが無難だと思われます。

相続放棄の無料相談受付中!!

相続放棄仙台どっとこむを運営するHigh Field司法書士法人・High Field行政書士事務所では、相続放棄手続についての無料面接相談を承っております。

相続登記、遺産分割協議、遺言書作成など、相続放棄以外の遺産相続手続のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真