お気に入りに追加

相続放棄申述の取消し

相続放棄申述の取消しとは

民法96条は、詐欺や強迫によって意思表示を行った場合、その意思表示を取り消すことができる旨を定めています。

相続放棄申述も家庭裁判所に対する意思表示である以上、相続放棄申述を行うに至った経緯に第三者の詐欺や強迫が含まれる場合、申述人は、その相続放棄を取り消すことができます。

これは民法919条2項に定められています。

相続放棄申述の取消しの手続

相続放棄申述を取り消す場合には、家庭裁判所に対して相続放棄取消しの申述を行わなければなりません。

具体的には、家庭裁判所に対して相続放棄取消申述書を提出します。

なお、相続放棄取消申述書を提出した後、家庭裁判所がどのような審理を行うのかについては、明確な規定はありません。

家庭裁判所や裁判官によって違いがあるかもしれませんが、相続放棄申述の際に詐欺や強迫が行われていた証拠を提出したり、家庭裁判所に出頭して説明したり、そういった手続が必要になると思われます。

相続放棄の無料相談受付中!!

相続放棄仙台どっとこむを運営するHigh Field司法書士法人・High Field行政書士事務所では、相続放棄手続についての無料面接相談を承っております。

相続登記、遺産分割協議、遺言書作成など、相続放棄以外の遺産相続手続のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真