お気に入りに追加

預金の解約は単純承認になる?

民法第921条1号は、相続人が相続財産の全部または一部を処分したときは単純承認したものとみなし、以後、その相続人が相続放棄や限定承認をすることを認めていません。

では、相続人が被相続人の預金口座を解約した場合、その相続人は単純承認したとみなされてしまうのでしょうか。

この点につき明確な最高裁判例はないようですが、仮に被相続人名義の預金口座を解約して現金を受け取ったとしても、それを一切使わずに保管しておいた場合には法定単純承認には該当しないと考えられます。

ただし、預金口座を解約しても使わなければ絶対に大丈夫ということはありません。

債権者も回収に必死なのです。

少しでも債権回収のために使えそうな材料があれば、それを最大限に利用したいと考えるはずです。

相続人の一人が預金口座を解約したとなれば、これによる法定単純承認を主張し、その相続人に対して返済を迫るでしょう。

したがいまして、基本的には、被相続人名義の預金口座の解約はなるべく控えたほうが賢明です。

既に解約して現金を受け取ってしまった場合には、絶対に使わないようにしてください。

相続放棄の無料相談受付中!!

相続放棄仙台どっとこむを運営するHigh Field司法書士法人・High Field行政書士事務所では、相続放棄手続についての無料面接相談を承っております。

相続登記、遺産分割協議、遺言書作成など、相続放棄以外の遺産相続手続のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真