お気に入りに追加

遺産をまとめるための相続放棄には要注意!!

遺産を特定の相続人にまとめるための相続放棄

遺産を特定の相続人にまとめるために相続放棄が用いられることがあります。

相続を希望しない人の全員が相続放棄をし、相続放棄をしない人(相続を希望する人)だけが相続人になるというものです。

遺産を配偶者にまとめる際には要注意!!

相続放棄を用いて遺産を配偶者にまとめる際には注意をしなければなりません。

勘違いされがちなのですが、配偶者は常に相続人であり、配偶者には相続の順位はありません。

被相続人が死亡して直系卑属と配偶者が共同相続人である場合、直系卑属全員が相続放棄をしたとしても、今後は直系尊属と配偶者が共同相続人となりますので、配偶者のみに遺産がまとまるわけではありません。

上記の例で配偶者のみに遺産をまとめるためには、直系卑属全員が相続放棄をし、その後に直系尊属全員が相続放棄をし、さらにその後に兄弟姉妹全員が相続放棄をしなければなりません。

遺産を配偶者にまとめるなら遺産分割協議で

前述の例では、配偶者に遺産をまとめるためには共同相続人全員が相続放棄をしなければなりません。

誰か一人が協力してくれなければ配偶者に遺産をまとめることはできなくなります。

したがいまして、前記の例では、直系卑属全員が協力してくれる場合には、遺産分割協議によって配偶者に遺産をまとめたほうが無難であると言えます。

もちろん、現実の相続の場面では、借金の有無など様々な要素を考慮しなければなりません。

相続放棄の無料相談受付中!!

相続放棄仙台どっとこむを運営するHigh Field司法書士法人・High Field行政書士事務所では、相続放棄手続や遺産分割協議についての無料面接相談を承っております。

相続登記、遺言書作成など、相続放棄以外の遺産相続手続のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真